ウィリアム・バイナム『医学の歴史』(丸善出版、2015年)

『医学の歴史』

本サイトの運営メンバーである鈴木晃仁教授(慶應大学)の共訳書、『医学の歴史』(ウィリアム・バイナム著)が昨年刊行されました。

この本は、ロンドン大学ウェルカム医学史研究所で長年所長を務めたウィリアム・バイナム教授が書き下ろした、一般向けの医学の歴史書です。古くは医聖とうたわれたヒポクラテスの時代から、キリスト教や土着の医療が支配する中近世を経て、解剖学、病院、公衆衛生、細菌学が躍動する近代、そして今日の医学まで。新書サイズで医学史を読み通せる、貴重な一冊です。ぜひお手に取ってください。

 

am͜a͉zonの購入サイトはこちらへ

また、すでに書評も出ていますのでご紹介します。

まずはアイドルにして新進気鋭のライターでもある西田藍さんの書評

もう一つは人気サイエンスライター内田麻理香さんの書評

どちらも、医学の歴史がコンパクトにまとめられた好著作の魅力をコンパクトかつ的確にまとめてくださっています。ぜひご覧ください。

さらに、鈴木先生もご自身のブログで補足を書いています。こちらもどうぞ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です